2017年衆議院議員選挙を終えて

2017年10月24日 12時00分 | カテゴリー: 活動報告

投票日が台風に重なるという大変な選挙となり、場所によっては1日遅れの開票となりました。

私たちが応援してきました、立憲民主党の初鹿明博さんは、小選挙区では敗れたものの比例代表で当選をいたしました。

多くの方が、たいへんに関心を抱き、支援してくださいました。

今回の選挙は、安倍政権に終わりを告げたいと願ったものの、ふたを開けてみれば、465議席中、自民党の議席数は変わらず284議席という結果でした。

与党(自民公明)で313議席、野党(社民、共産、立憲、維新、希望)130議席。公示前に比べ自公は5議席減とはなりましたが、3分の2の310議席は確保です。小選挙区で勝たなくては、変えられないということを嫌というほど突き付けられました。

江戸川16区においては、投票率は47.77、前回の2014年12月14日の49.41を下回っています。

市民連合えどがわも立ち上がり、野党統一候補を立てたものの、力及ばずでした。

結果は、自民党大西英男さん84,457票、立憲民主党初鹿明博さん71,405票、希望田村謙治さん50,568票。

政治に関心を持つ市民を増やし、投票率を上げていくことが必要です。主権者は私たちひとりひとりなのですから。

どんな人も1票。声の大きい人も、小さい人も。81歳の人も18歳の人も。候補者の演説を聞き、群衆の中にいると、1票ずつの積み重ねで当選することを思います。

民主主義、立憲主義、平和主義を大切にする国であり続けますように。