災害対策・街づくり推進特別委員会 - 9月 東京港トンネル整備事業 ー

2017年9月14日 23時06分 | カテゴリー: 活動報告

大井側から台場方面を望む。4%の傾斜で下る。

2016年3月26日からは、357号線を進み高速道路でなくとも、大井側の横浜方面へと行くことができるようになりました。今日9月12日はその反対側である、東京港トンネル整備事業の東行き(内陸側)の工事現場を視察しました。

この道路ができることにより、周辺部の交通混雑緩和や、空港や港湾拠点とのアクセスが良くなることが期待されています。

総工費は400億円、うちシールドマシンが350億円です。

東京湾の下をシールドマシンで掘り進め、1月17日に貫通、今は二次覆工が完了しています。

直径12mの穴を1㎝以下の誤差で掘り進むそうです。位置はGPSで確認しますが、微妙な調整は経験によるものだそうです。

開通予定は2018年度です。

トンネルを抜けて台場側を望む。

台場側出口から大井側を見たところ。足組があるところがシールドマシンの到達地点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幼いころ、砂場で、山を作って、トンネルを通し、水路をつくって遊ぶことは、多くの方が経験していると思います。トンネルが開通したときは嬉しかったことを思い出しました。

これまで高速道路しか通っていなかった道が、一般道でも行き来できるルートができ便利にはなるのですが、本当に渋滞緩和に役立つのか、また、すでに4人に1人が65歳以上の高齢者となり、これから人口減少を迎えようという社会において、これだけの大型公共事業をオリンピックや利便性を理由に、進めていってよいのかは疑問が残るところです。

 

また以下の報告がありました。

●環七シャトルバスの新型車両が9月18日から導入されます。

●秋の全国交通安全運動が9月21日から30日の10日間行われます。

●北小岩1丁目東部地区は使用収益開始日が9月29日となります。地区内区有地6画地について10月から公募開始します。

●旧江戸川(妙見島)防潮堤耐震補強工事を2017年から2019年度に行います。

●小岩四東付近地区(西小岩1丁目・5丁目の一部及び北小岩1丁目・2丁目の一部)の地区計画(原案)説明会が9月9日と11日に開催されました。

●葛西駅広場連絡橋の長寿命化修繕工事を7月18日から2018年3月14日まで行います。(8月から3月通行止め)

●北葛西西葛西の浸水対策工事は9月末までに完了予定です。

●2020年度から小岩小学校の新校舎建設工事を予定します。